スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連エントリ抽出中...

PSP単体でCFW起動「iso_tool ver 1.958」リリース

isotool.png

eboot_exchangeの改良版である「iso_tool ver 1.958」がリリースされました

これを使うことでPSP単体でCFW対策の回避を簡単に行うことができます

更新点

*1.958
[NEW] SELECTボタンでef0/ms0/UMDへの切換を追加
[NEW] PSPgoの場合はef0:/isoを起動時に表示するように変更
[NEW] XMBからISOを直接起動するアイコンの作成機能を追加
PSP/GAME/にISOファイル名でフォルダが作成されます
goの場合はISOと同じメディアに作成されます
(ef0のISOを指定した場合はef0,ms0の場合はms0)
ISOデータ自体は埋め込まれませんので、起動にはISOファイルも必要です
アイコンの情報のタイトルで起動するISOファイルを確認できます
注意
現時点ではM33 Driverには対応していません。今後対応予定です
複数の実行ファイルを持つISOにも現在は対応していません。今後対応予定です
事前準備:
起動するISOと同じメディアの/seplugins/prometheus_iso_loaderに
prometheus_iso_loaderで利用しているprxの設置が必要です
例 -+- seplugins -+- prometheus_iso_loader -+-launcher.prx
(現在は対応していません)


詳しくは、続きから

導入方法

1.iso_toolをダウンロード後 解凍

ダウンロード( ^ω^)

2.解凍して出てきたms0フォルダに入っている
「auto_cfw」
「PSP」
「seplugins」
の3つのフォルダをメモステのルートディレクトリにコピー

※「seplugins」フォルダ内のgame.txtが上書きされてしまい現在使用しているプラグインが使えなくなってしまうので、あらかじめバックアップをとっておいてください

3.XMBより起動

20100724161447.png

復号化の方法

1.復号化したいソフトを選択して、○ボタンで「EBOOT 復号」を選択

20100724161922.png

2.「EBOOT.BINのバックアップを保存しますか?」と表示されたら、「はい」を選択

20100724161927.png

3.「バージョンパッチの機能を有効にしますか?」と表示されたら「はい」を選択

20100724161930.png

4.「開始しますか?」と表示されたら「はい」を選択して、少し待つ

20100724161934.png

5.「完了しました」と表示されたら成功

20100724161938.png

パッチの方法

1.復号化したいソフトを選択して、○ボタンで「パッチ」を選択

20100724161944.png

2.パッチ一覧から「prometheus パッチ」を選択

20100724161948.png

3.「開始しますか?」と表示されたら「はい」を選択して、少し待つ

20100724161952.png

お疲れ様でした

関連エントリ抽出中...




管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://kininaru7777.blog76.fc2.com/tb.php/1607-f94b3261





ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。