スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連エントリ抽出中...

Google Chromeの更新版「v9.0.597.84」リリース 3D描画技術「WebGL」をサポート

googlechrome_20110115.jpg

Google Chromeの更新版となるバージョンv9.0.597.84がリリースされました

今回の更新で、危険度のレーティングが4段階中で最も高い“Critical”を1件含む、全9件の脆弱性が修正されました

また今回のアップデートにより、3D描画技術「WebGL」がサポートされました

詳しくは、つづきから

米Googleは2月3日、Webブラウザ「Google Chrome 9」の安定版をリリースした。

 最新版となるGoogle Chrome 9.0.597.84では、合計9件のセキュリティ問題に対処した。リスクレベルによる内訳は、危険度が最も高い「Critical」が1件、「High」が2件で、残りは低レベルに分類されている。うち2件の問題はMac版のみに存在する。

 Criticalレベルの脆弱性は、音声処理におけるレースコンディションに起因するもので、ソーシャルニュースサイトRedditのWebゲーム「Z-Type」を通じて見つかったという。

 Highレベルの脆弱性は、画像読み込みの際に解放済みメモリを使用してしまう問題と、PDFイベントハンドラの印刷に関するクラッシュ問題があった。いずれも外部の研究者が発見したもので、合計2000ドルの懸賞金が贈られている。

 セキュリティ関連以外では、「WebGL」「Chrome Instant」「Chrome Web Store」の3つの新機能が利用できるようになった。Chrome Web Storeは現在米国のユーザーのみが利用できるが、段階的に利用可能地域を拡大していくとしている。

 WebGLはWebブラウザ上で3Dコンテンツをレンダリングするオープンな技術で、HTML5のCanvasに3Dオブジェクトをレンダリングしたり、操作できる。WebGLのサポートによって、Googleが昨年12月に公開した「Body Browser」のような3D画像を、プラグインなどをインストールせずに見ることができるようになった。Body Browserをはじめとするデモコンテンツを集めたWebGL Experimentsのページで同機能を体験できる。

 Chrome Instantは、アドレスバーに検索語を入力していくと、Enterキーを押す前から検索結果やWebページの候補が表示される機能。つまり、Google Instantの機能だが、これをWebブラウザの設定で有効/無効にできる。設定はツールバーのレンチアイコン→「オプション」→「基本設定」→「検索」→「インスタント検索を有効にして検索や閲覧を高速化する」で行う。

ソース:ITmedia エンタープライズ


Google Chromeを導入していない方

Google Chromeをダウンロード

Google Chromeを導入済みの方

「レンチのアイコン」→「Google Chromeについて」と進みアップデート

お疲れさまでした

関連エントリ抽出中...




管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://kininaru7777.blog76.fc2.com/tb.php/1644-5851212a





ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。