スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連エントリ抽出中...

Philips 無指向性ドッキングスピーカー「DS1100」レビュー

2011-05-20 22.07.28

5月下旬ごろより発売されるPhilips製iPod/iPhone用スピーカー「Fidelio(フィデリオ)」シリーズの内の一つ「DS1100」をPhilips様よりお借りしたのでさっそくレビューしたいと思います。

この「DS1100」は発売されるDS9000/8500/7510/3000/1100の5種類の中でベッドルームに最適なデザイン、機能性となっています。

詳しくは続きから

外観


2011-05-20 21.25.01

表 Philipsらしい白を基調としたデザインです

2011-05-20 21.25.19

裏 今回はiPod nanoを使ってレビューをしますが、裏表紙にはiPod touchを使用したときのイメージ画像が載っています

本体・付属品


2011-05-20 21.26.08

付属品は特になく、電源供給のためのACアダプターのみが付属しています

2011-05-20 21.27.49

iPod装着時

2011-05-20 21.28.08

iPod装着時Ⅱ

2011-05-20 21.28.32

ドックの部分には音量調節用のボタンと、明るさ調節用のボタンがついています

2011-05-20 21.29.37

時計部分の明るさは2段階+表示しないの3つから選ぶことが出来ます

2011-05-20 21.30.05

本体裏面にはACアダプターの差し込み口と、USBインターフェイスが付いています

使ってみての感想


今までPhilips製のイヤホン・ヘッドホンはいくつか使ってきましたが、今回のDS1100は初のPhilips製スピーカーとなりました。

デザインの好き嫌いは個人によると思いますが、ホワイトとグレーを基調としたシンプルなデザインはPhilipsらしく、また派手すぎないためベッドルームに最適なデザインだと思いました。

大きさも大きくないため、場所を選ばずに置けるのはとてもいいです。

操作性はボタン数も少なく、「ボタンが多くて何をどうすればいいのかわからない」という本末転倒の状態にもならずとてもわかり易くていいです。

音質面で言うと、Philips製のイヤホン・ヘッドホンと同じように低音が多すぎず少なすぎず、心地良く聞こえてきてとてもいい感じです。

低音が聞こえてくると言っても、高音やボーカルの声が低音に埋もれることもなく、まさに自分が描いている”Philipsらしさ”がとても良く出ているものでした。

個人的にこのDS1100で気に入っているところは、裏面にあるUSBインターフェイスと、無指向性のスピーカーです。

USBインターフェイスのおかげでiPodを使って音楽を聞きながらAndroid端末やWalkmanの充電を出来るのはかなり便利です。

やはり手元、枕元に端末がないとかなり不便ですし。

また、このDS1100に搭載されている”無指向性のスピーカー”は、さすが無指向性というだけあり360度どこにいてもしっかりと聞き取ることが出来ます。

部屋の真中にちょこんと置いて音楽を楽しむのも使い方の一つだと思います。

価格は9千円とちょっとなので、この大きさでこの値段は少し躊躇してしまうかもしれません。

しかし実際使ってみると、値段以上の出来栄えだと私は思いました。

上位機種はさらに値段が高くなるので、ベッドルーム用にこの1台を持っておくとかなり満足できると思います。

気になる方は購入を検討してみてはどうでしょう?

DS1100製品情報|フィリップス Fidelio ドッキング・スピーカー



※この記事はフィリップス「Fidelio」のタイアップ記事です。

関連エントリ抽出中...




管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://kininaru7777.blog76.fc2.com/tb.php/1759-cb4951d4





ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。