スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連エントリ抽出中...

ソフトバンク、Android 2.1搭載の「HTC Desire」を4月下旬に発売すると発表

ys_htc01.jpg

ソフトバンクがAndroid 2.1搭載の「HTC Desire」を4月下旬に発売すると発表したそうです

詳しくは、つづきから

ソフトバンクモバイルからHTC製の Android端末「HTC Desire」が発売される。同モデルはAndroid OSの最新バージョンを採用し、マルチタッチやGoogle Earthの音声検索、HTML5などに対応する。

 ソフトバンクモバイルは、 HTC製のAndroid端末「HTC Desire」(X06HT)を4月下旬に発売する。ソフトバンクが3月28日に開催した同社創業30年記念イベント「ソフトバンクオープンDAY」で、孫正義社長が明かした。

 HTC Desireは、3.7インチ ワイドVGA(480×800ピクセル)の有機ELタッチスクリーンを搭載し、CPUは1GHz駆動のSnapdragonを採用する。OSは Androidの最新バージョンである「Android 2.1」を搭載し、マルチタッチ、Google Earthの音声検索、動く壁紙機能「Live壁紙」、HTML5などに対応する。(関連記事:HTC、“ほぼNexus One”のAndroid携帯「Desire」を発表)

 なお、HTC Desireの予約は4月上旬から開始される。
ソース:ソフトバンク、Android 2.1搭載の「HTC Desire」を4月下旬に発売


ソフトバンクがGoogleのAndroid携帯OSを搭載したスマートフォン「HTC Desire」を2010年4月下旬以降に発売することを同社創業30周年イベント「ソフトバンクオープンDAY」で公にした。既にソフトバンクの商品ページにはHTC Desireが登場している。

HTC Desireは、薄さ11.9mmのボディに3.7インチ有機ELディスプレイを搭載。ユーザーのニーズに合わせたカスタマイズが可能なユーザーインターフェイス「HTC Sense」を搭載し、7つの画面にさまざまなウィジェットやアプリケーション、メニューのアイコンなどを自在に配置できる。

アドレス帳やメール、TwitterなどのSNSを連携させることにより、新しいコミュニケーションスタイルを提案。更新情報をリアルタイムに表示する機能や、メッセージを複数のSNSへ一斉配信する便利機能を搭載している。

Androidを搭載するメリットとして、GmailやGoogle Maps、YouTubeなどのGoogleが提供するサービスを快適な操作で利用できる。さらに、Google Earthの音声検索や、タッチ操作などで反応する動く壁紙「ライブ壁紙」に対応。また、HTCシリーズ独自の「FootPrints」機能では、撮影した写真に、位置情報や音声、テキストなどを記録できる。

ソフトバンクの快進撃はまだまだ続く。Twitter上には、ソフトバンクショップで撮影されたiPadと見られるモック画像がアップされている。 GoogleとAppleの2強を押さえれば、向かうところ敵なし状態になる。孫正義社長は、得意の「価格破壊」戦略で一気にスマートフォン市場を制圧する気構えを見せている。迎え撃つNTTドコモは4月1日に、ソニー・エリクソンのAndroid搭載スマートフォン「Xperia(エクスペリア)」を発売する。
ソース:AndroidにiPad! ソフトバンクがスマートフォン市場を制圧 - すごもり -


関連エントリ抽出中...




管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://kininaru7777.blog76.fc2.com/tb.php/618-c6a37c7c





ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。