スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連エントリ抽出中...

攻撃発生のため前倒しでMicrosoftがIEの更新プログラムを公開

WindowsIconPreview_128x128.png
Internet Explorerに対しての攻撃の発生が確認されているため、その脆弱性を解決するため更新プログラム「MS10-018」が臨時公開されました

詳しくは、、つづきから

 米Microsoftは3月30日(日本時間31日)、攻撃の発生が確認されているInternet Explorer(IE)の脆弱性を解決するため、更新プログラム「MS10-018」を臨時公開した。

 「MS10-018」は本来なら4月の月例アップデートで公開する予定だったIEの累積的な更新プログラム。事前通知の通りに計10件の脆弱性を解決した。このうち、「初期化されていないメモリ破損の脆弱性」については外部で情報が公開され、IE 6と7を狙った攻撃が発生している。このためMicrosoftは前倒しで更新プログラムのリリースを決めた。

 残る9件の脆弱性はいずれも非公開で報告されたもので、IE 5.01~IE 8の全バージョンが影響を受ける。大部分が、リモートからのコード実行に利用される恐れのある深刻な脆弱性となっており、MicrosoftはIEの全ユーザーにできるだけ早期に適用するよう呼び掛けている。

 なおIEをめぐっては、セキュリティカンファレンス「CanSecWest」のハッキングコンテストで先週、新たな脆弱性が発覚した。 Microsoftは現在、この問題について調査中だといい、今回の更新プログラムでは対処していない。ただしこの脆弱性情報はコンテストの規定に従い「責任をもって」開示され、当面ユーザーに危険が及ぶことはないとMicrosoftは強調している。
ソース:MicrosoftがIEの更新プログラムを公開、攻撃発生で前倒し - ITmedia News


皆さんアップデートをしてください

関連エントリ抽出中...




管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://kininaru7777.blog76.fc2.com/tb.php/628-9e329f10





ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。