スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連エントリ抽出中...

iPadの3Gモデルは「SIMロック版」に決定

001l.jpg

国内では5月28日に発売されることが決定したiPadですが

国内販売されるiPadはソフトバンクモバイルの回線のみを利用できる「SIMロック版」になることが決定しました

詳しくは、つづきから

編集部でAppleのカスタマーサポートセンターに電話して確認してみたところによると、現在iPadの3Gモデルはソフトバンクモバイルが販売を手がけており、同社の3G通信サービスへの契約無しに購入することはできないそうです。

また、仮にNTTドコモなどがiPadに対応した「マイクロSIM(MicroSIM)カード」を提供した場合、マイクロSIMカードを差し替えるだけで他社の回線を利用できるSIMロックフリーモデルであるのかどうかを問い合わせたところ、「ソフトバンクモバイルの回線のみに対応したSIMロックモデルである」という回答でした。

そしてSIMロックについては、AppleとNTTドコモが協議を行った結果、NTTドコモもソフトバンクモバイル同様にiPadの販売キャリアであると決定した場合にのみ手を加えるとのこと。

NTTドコモがiPadへ通信回線の提供を検討していた背景には、アメリカで販売されている3GモデルのiPadがSIMロックフリーであることが大きく影響していますが、日本向けモデルにSIMロックが施されていることを受けて、NTTドコモはどのような対応を行うのかが気になるところです。

ここであえてNTTドコモがGoogleの携帯電話向けOS「Android」を採用してFlashにも対応した「EeePad」をはじめとしたiPad対抗製品に積極的にSIMカードを提供していくことで存在感を示す……という方法を採用するようになるのであれば、それはそれで面白くなるかもしれません。
ソース:GIGAZINE


関連エントリ抽出中...




管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://kininaru7777.blog76.fc2.com/tb.php/761-2cf6be36





ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。